原因は防爆性能ない電球へのシンナー付着、首都高火災

| grant |

3月20日に首都高3号渋谷線で塗装の塗り替え工事中に発生した火災について、首都高速道路会社は4月11日、出火原因と再発防止策を発表した。塗装の除去作業中に照明器具の電球にシンナーが付着して出火し、足場シートに燃え移ったのが原因だったとしている。

首都高によると、施工者はシンナーの使用を施工計画書に記述せずに作業を進めていた。さらに、防爆性能を持たず、しかも表面が高温となる200Wの白熱電球を使用し、防炎または難燃性能を持たないシートを用いるなど、安全管理にも問題があった。

今後の再発防止策として、首都高では全ての塗装塗り替え工事に対して

  1. 作業手順を順守するように受注者への指導を徹底する。
  2. 危険物などの取 り扱いと貯蔵について受注者への指導を徹底する。
  3. 防炎性能を持つ足場シートの使用などを規定して受注者を指導する――といった措置を講じる。

恒久的な補修工事の日程は未定。首都高では、通行止めを実施せずに済む工法を検討しているという。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話下さい!